「おきゅう初心者が知っておきたい、簡単!箱きゅうの作り方」

2018-07-04

箱灸は、灸箱灸とも呼ばれ、木箱の中に入った金網の上に大きめのもぐさをのせて燃焼させます。灸箱のふたとして板をのせて

温度調節を行い、より温めたい時はふたをかぶせて煙を閉じ込めます。主にツボが集中している腰、お腹、背中にのせて温めます。

身体の芯まで温まり、温泉に入っているような感覚になります。

身体の痛みを和らげる効果もありますが、自律神経失調症に非常に効果的です。

 

接着剤で箱に取っ手をつけます。

蓋にも取っ手をつけると便利ですよ。

お腹を温めて(5分~15分)、冷え性むくみ便秘下痢胃腸障害

を改善していきましょう。

以上、「おきゅう初心者が知っておきたい、簡単!箱きゅうの作り方」…という話題でした。

 

かがやき鍼灸院


Copyright© 2018かがやき鍼灸院 All Rights Reserved.